効率的に貿易事務の求人を探す方法

貿易事務 求人

貿易事務は輸入輸出といった貿易に関わる企業での事務職です。一般的な事務と比べると、専門性が高く語学力を求められます。輸出や輸入に関連する貿易書類であるインボイス、パッキングリスト、船荷証券、信用状、為替手形などがあり、それらの作成と内容確認、そして送付を行います。正確な書類作成が求められますし、やり取りの流れをきちんと把握する力も求められます。書類の多くは英語書類ですので、それを理解し作成できるだけの英語力が必須となります。貿易事務の求人を出している企業の多くは、外資系企業、商社、メーカー、船舶会社が多いです。ここでは貿易事務の求人に関してご紹介していきます。グローバル化において必要となってくる貿易事務です。この職種に就きたいとお考えでしたら、参考にしてみて下さい。

貿易事務としての働き方を考える

貿易事務の求人には雇用形態があり、正社員と派遣社員で探すことができます。正社員として就労を希望しているのでしたら、転職情報を扱っているサイトが有利ですし、派遣社員として就労を希望しているのなら、貿易事務の案件に強い派遣会社を通して、紹介してもらうといいと思います。貿易事務は今までの経験も重要になってきますので、それも踏まえたうえで求人情報を確認しましょう。例えば新卒から正社員として貿易事務に就きたい場合は、商社やメーカーで貿易を扱う部署への就職が多く、過去に貿易事務を経験している転職としての就労でしたら、その経験を買われることがありますが、扱っているものが大きく違うと採用に至らないこともあります。貿易事務の仕事に有利な資格として、通関士や貿易実務検定があります。

自分が希望する貿易事務に就くためには

貿易事務の求人を探すときに人材紹介会社や派遣会社からの紹介を利用する方法があります。人材紹介会社や派遣会社を通しての求人の場合は、企業についてあらかじめ知ることができ、自分のキャリアも人材紹介会社や派遣会社を通して企業に伝えてもらえ、面接の段取りも取ってくれるので、複数の企業を同時に受けることができることが、最大のメリットと言えます。また面接時のポイントなどのレクチャーも受けられ、面接前に対策を練ることもできます。貿易事務の仕事をメインに扱っている会社もあり、そのような会社を利用して貿易事務の仕事を見つけることは、とても効率的だと言えます。貿易事務は専門性の高い職種ですので、自分のアピールポイントを十分に伝えられるように、人材紹介会社や派遣会社はサポートしてくれます。