貿易事務の仕事を探すときに注意したい求人の情報について

貿易事務 求人

貿易事務の主な仕事は、海外との取引の際に必要となる書類の作成や、メーカーや取引先、仕入れ元などの販売店とお金と商品のやり取りを行う仕事です。そのため、語学力や契約書などを読むことや、書類を作る知識や対人スキルが必要です。貿易事務は一人前になるのに時間がかかる仕事なので、始めは補助業務から入ることになります。よくある求人の募集内容には、正社員だけでなく、非正規雇用などあらゆる条件の求人があります。たとえば、給与の面では普通の事務よりも高く設定されています。それは、求められる仕事内容にスキルが求められるからです。非正規雇用では、補助的な書類制作のみなのか、取引先との交渉も含められているのかなどの条件によって給与が変わってきます。書類制作などが苦手でも語学力と対人スキルがあれば求めている職場はあります。自分の持っているスキルに合わせて求人を探しましょう。

勤務時間や休日などはきちんととれるのか

残業が多い職種なのかということは、とても気になります。しかし、貿易事務は企業の繁忙期には残業だけでなく休日出勤まであり、休みがとりにくい季節や、逆に閑散期では残業がなく休みも比較的取りやすくなるなどの差が見られる仕事です。長期での就職を考えているのなら、休暇がどれだけ取れるのかも確認しておくべきです。また非正規雇用の場合は、隔日勤務や、パートタイムでの求人もあります。もちろん、給与面ではボーナスや退職金などはないことが多いですが、自分の生活に合わせた仕事ができるのが魅力的です。また福利厚生もしっかり確認しておきたいです。厚生年金や健康保険組合の加入だけでなく、住宅手当やスポーツクラブなどの施設の利用など社員の意欲や能力の向上のためのもので、あると生活がより豊かになるでしょう。

より長い目で見た働き方を考えてみる

貿易事務は営業担当と一緒に取引き先に出向くことが多いため、求人で行った面接場所は本部や本社であっても、実際に働く勤務地が遠かったということはよくあります。正規雇用にいたっては、転勤になることもあり、結婚や出産などで長く働けなくなることもあるかもしれません。勤務地をしっかりと確認しておきましょう。中途採用などの転職にも多く求人が出ているので、貿易事務で仕事をし続けたいという人にも、会社を変え派遣や契約社員などの非正規雇用で行うなどの選択肢もあります。また、支店や営業所が多くある会社もあるので、そういった企業を選べば退職せずにすみます。また貿易事務に求められている人物像としては、コミュニケーション能力をもっている人です。事務であるので営業や会社のために働くため対人スキルは必要です。また細々とした書類制作を正確に行う能力も必要です。